主人と仲良くしたいからこそ選んだ、不倫という道。

地道にコツコツやってますよー。

ワードプレスの記事数も、だんだん増えてきました。

どうも、ナガヤマサキコです!

今日のアイキャッチ画像には、初不倫に向かう道中で買った、低アルコールでデザインも可愛いお酒を、チョイスしてみました。

さて、今は、私が主人以外の男性とセックスするまでの過程を、書いてます。

そう、いわゆる不倫になるのですが…普通と違うのは、私は、前もって主人とお話して、主人の許可を得ました。

黙って不倫することは、単に目先の争いを避けてるだけなので、後々に、もっと大きなトラブルを招く種になります。

それに、不倫自体は違法ではないのですが、もし裁判になれば、離婚する理由の1つとして認められる、ということでした。

だから私は、主人に、何故他の人とセックスしに行くのかを、丁寧に説明し、納得して貰ったのです。

それと、実は、この頃は、4歳の娘の心陽が、私が居る時は、主人に対して「嫌い」という反応ばかりでした。

でも、娘は、私が居ない間は、主人に普通に甘えてるので、主人は、私が出かけるのを、喜んで送り出してくれるんです。

「留守中は任せてよ!!」って。笑

だから、私も安心して、留守を任せて、出かけられましたね。

そんな訳で、相手が待つ所へと、私も嬉々としながら、向かったのです。

後ろめたさが微塵もない、不倫。

オープン過ぎる、不倫。

挙げ句の果てには、ワードプレスの記事にもなってる、不倫。

こんな不倫が、いまだかつて、あったでしょうか…?(あったんだろうけどねw世界は広いから。笑)

私は、主人と仲良くしたいがために、他の人とセックスする道を選びました。

あ、今日は、この辺で。

続きを楽しみにしていて下さいねー。

***

感想をレターで下さると、めっちゃ喜びます♪
https://letterpot.otogimachi.jp/users/22787

ランキングクリック、よろしくお願いします!
果たして、今日は何位でしょう…!?


障がい者ランキング


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング


夫婦生活(性生活)ランキング


自営業ランキング


北海道ランキング

それは、Skypeでの会話から始まった。

少し前に書いてて、途中だったお話の続きを、今日は書くわ。

私は上っ面だけで良い顔してるのはつまらないし好きじゃないから、自分の感じたことを、すべて本音で書いていく。

今日も例のごとく、日付が変わるまでの時間がそうないので、書けるところまで書いたら、キリが悪くても、アップすることにした。

前にSkypeチャットでお話した人のことを途中まで書いた記事は、こちら。

「リアルの出会いの中だけでセフレを何人も作った」という猛者との話の流れで、私は、彼に会いに行くことになる。

溢れる好奇心に、逆らえなかったのだ。

「この人は、どんなセックスをするのだろう?」

「少しは、気持ち良いセックスが出来るんじゃないかな?」

「主人が淡白でつまらないっていう私の悩みを解消するのに付き合ってくれるのって、ホント嬉しい〜」

「恋愛じゃなくて、セックスがしたいという私のわがままなニーズを満たせる存在に、こんな風にすぐに巡り会えるなんて、私ってホント幸運だなぁ」

そんな風に色々考えながら、車を運転して、その人に会いに行った。

アイキャッチ画像は、その人に会う少し前の私。

今日、この辺までにしとこ。

続きは、必ずや書くので、お楽しみに♪

***

感想をレターで下さると、めっちゃ喜びます♪
https://letterpot.otogimachi.jp/users/22787

ランキングクリック、よろしくお願いします!
果たして、今日は何位でしょう…!?


障がい者ランキング


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング


夫婦生活(性生活)ランキング


自営業ランキング


北海道ランキング

北海道の男。

今日のアイキャッチ画像は、6〜7年ほど前の私。

…多分ね。笑

妊娠する少し前、かな。

確か、美容院で髪の毛を綺麗にして貰った直後に、撮ったものだ。

***

このブログ、全世界に向けて書いてるから、私のことをリアルに知ってる人に見られてる可能性もめっちゃあるんだけど、そんなことは、とっくに織り込み済みだ。

何と言われようと、私は発信したいことを発信していく。

主人にも、かなりぶっちゃけた話を書くことについて、了承は貰ってるから。笑

私の人生、決して褒められたものではないけど、私は私なりに、やりたいようにやってきたんだ、ということが、少しでも皆さんに伝わればいいな。

そして、タイトルの話になるんだけど…

今までは、あまり具体化はしてこなかったんだけど、ちょっとココから具体化、入ってくるよ!

覚悟はいいかな?

私に抱いてるイメージが崩れるのが嫌な人は、今のうちに逃げた方がいいよ。

ま、ここまで読んでくれてるのなら、もうそんな人は居ないと思うけど。笑

それでは、始めるでー♪

***

去年11月、北海道に行った時は、まだ出会い系サイトを利用中だったのもあり、ここでも使ってみよう、と思い立った私は、サイトの掲示板に投稿して、夜のお相手を募集してみた。

ここでもう既に「最低!」と思った人、もし居たら、速やかに、このサイトのタブを閉じてね。

(貴方が読み進めるにつれ、もっと気分が悪くなっていくのは、確実だから)

そして、私の書き込みを見て、連絡をくれた何人かと連絡を取っていくうち、最終的に、一人に絞られていく。

私の場合、人を絞るのは、簡単だ。

耳に障害があるって言うと、離れる人が結構いる。

ま、会ってから耳のことを言うんじゃ、相手にとっては不意打ちみたいなもんだと思うから、前もって言ってるんだけど。

自分だけはそういう面倒ごとに関わりたく無い、事なかれ主義、みたいな人だと、障害を持つ人は、「真っ先に」避ける対象となりやすい。

それで離れた人には、「あー、この人、面倒くさがりで、考えようとしないんだなー、まあ、会うことにならなくて良かったわ」と考え、次に行くのだ。

離れていくパターンとしては、何も言わずに離れていく人もいれば、気遣いのつもりか、「ごめん、○○で無理になった」と嘘っぽい理由をつけて、離れていく人もいた。

どっちにせよ、障害があってメンドクセーから、と離れることをされたその時は、不快感もMAXである。

そうやって離れた人には、金輪際、関わる気も無いので、ブロックして、お互いに二度手間にならないようにしておいた。

これに関しては、よく考えずに感情だけで動く人って、大した人じゃないな、と私は思うので、ホントにバサッと切っちゃう。

他にはあまり無い「聴覚障害」という踏み絵のおかげで、おおよそ自己中で相手のことを考えることが出来ない人だって分かった。

…それなら、切るのにも何ら、ためらいは無い。

で、そういう関門をくぐり抜けて会うことになった人達は、やはり、ある程度は、話の分かる人だった。

世の中は本当に、嫌な人もいれば、良い人もいるし、様々な人間が居て、面白い。

***

出会い系サイトを利用して、北海道で逢った人は、私よりも、年齢は一回りぐらい上の感じだった。

おそらく、40代後半、といったところかな?メガネをかけていた。

建設系のような作業着を着ていたので、現場仕事の帰りだったんだと思う。

私は正直言って、あんまり期待していなかった。

年齢が上の方になると、満足のいくセックスが難しくなってくる傾向にあるから。

***

突然ですが、今日は、この辺で終わりでーす。もう寝る時間なので。汗

今日もココまで読んで下さり、ありがとうございました。

続き、楽しみにしててねー。

***

感想をレターで下さると、めっちゃ喜びます♪
https://letterpot.otogimachi.jp/users/22787

ランキングクリック、よろしくお願いします!
果たして、今日は何位でしょう…!?


障がい者ランキング


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング


夫婦生活(性生活)ランキング


自営業ランキング


北海道ランキング

コメントでなく個別に相談したい、お話ししたいって方、こちらでも受け付けてますので、ご遠慮なくどうぞー♪(冷やかしはお断りでーす)