主人と仲良くしたいからこそ選んだ、不倫という道。

地道にコツコツやってますよー。

ワードプレスの記事数も、だんだん増えてきました。

どうも、ナガヤマサキコです!

今日のアイキャッチ画像には、初不倫に向かう道中で買った、低アルコールでデザインも可愛いお酒を、チョイスしてみました。

さて、今は、私が主人以外の男性とセックスするまでの過程を、書いてます。

そう、いわゆる不倫になるのですが…普通と違うのは、私は、前もって主人とお話して、主人の許可を得ました。

黙って不倫することは、単に目先の争いを避けてるだけなので、後々に、もっと大きなトラブルを招く種になります。

それに、不倫自体は違法ではないのですが、もし裁判になれば、離婚する理由の1つとして認められる、ということでした。

だから私は、主人に、何故他の人とセックスしに行くのかを、丁寧に説明し、納得して貰ったのです。

それと、実は、この頃は、4歳の娘の心陽が、私が居る時は、主人に対して「嫌い」という反応ばかりでした。

でも、娘は、私が居ない間は、主人に普通に甘えてるので、主人は、私が出かけるのを、喜んで送り出してくれるんです。

「留守中は任せてよ!!」って。笑

だから、私も安心して、留守を任せて、出かけられましたね。

そんな訳で、相手が待つ所へと、私も嬉々としながら、向かったのです。

後ろめたさが微塵もない、不倫。

オープン過ぎる、不倫。

挙げ句の果てには、ワードプレスの記事にもなってる、不倫。

こんな不倫が、いまだかつて、あったでしょうか…?(あったんだろうけどねw世界は広いから。笑)

私は、主人と仲良くしたいがために、他の人とセックスする道を選びました。

あ、今日は、この辺で。

続きを楽しみにしていて下さいねー。

***

感想をレターで下さると、めっちゃ喜びます♪
https://letterpot.otogimachi.jp/users/22787

ランキングクリック、よろしくお願いします!
果たして、今日は何位でしょう…!?


障がい者ランキング


エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング


夫婦生活(性生活)ランキング


自営業ランキング


北海道ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)